2020年03月29日

真実は「関係なし」なのか

門田隆将さんのコラム。

https://www.sankei.com/politics/news/200329/plt2003290003-n1.html

国会で問題になった森雅子法相の答弁、「震災の時に検察官は福島県いわき市から市民が避難していない中で最初に逃げた」、これ事実なのですね。

また財務省佐川局長が改ざんさせた文書にあったのは安倍首相の関与ではなく、鴻池祥肇、平沼赳夫、鳩山邦夫といった政治家からの働きかけで、財務省では「鴻池案件」と呼ばれていたそうです。メディアが持論を述べるのはかまいませんけど、基本的な事実関係をきちんと報じてその上でないと、情報の切り貼りをして世論誘導しているだけの存在になってしまいますね〜。
posted by 曲屋 at 11:06| Comment(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月28日

人のいない満開の桜

『近頃は桜の下といえば人間がより集まって酒を飲んで喧嘩してますから陽気でにぎやかだと思い込んでいますが、桜の花の下から人間を取り去ると怖ろしい景色になりますので、(中略)桜の林の花の下に姿がなければ怖ろしいばかりです』
坂口安吾・桜の森の満開の下

今朝のテレビで人けの無い上野不忍池の景色を見て「桜の森の満開の下」の書き出しを思い出しました。

しかしいま怖ろしいのは桜の花の妖気でなく、人間の持ち込む武漢ウイルスですね。人のいないのは安全の証でしょうか。
posted by 曲屋 at 10:58| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月26日

コロナウイルス対策で日本の強み

コロナウイルス対策で日本の強みはCTスキャナーの数がとても多いこと。人口当たりの比率が欧米の4倍だそうです。

武漢肺炎に罹っていると、たいした症状が出ていなくてもCTで撮影すると影が映る。それで発熱等あればPCR検査をするという手順になるのですね。

なので日本はPCR検査のヒット率が高く、検査の無駄が少ないということ。検査数が少ないことを問題にする意見は、こういう実情を分かっていないのでしょう。
posted by 曲屋 at 17:59| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする