2020年07月07日

球磨川の洪水は人災

九州、球磨川の大洪水について、川辺川ダム建設の中止がこの被害を引き起こしたという意見が出ています。

高橋洋一氏によるとサンクコスト理論というのがあり、ダム建設に投下した費用と治水・利水によってもたらされる利益とを比較して、利益のほうが多ければ作るべき。特に川辺川ダムは途中まで工事が進んでいたのだから、あと少しの費用で建設できた。それをしなかったための今回の被害は人災であると。

民主党政権当時、ダム建設を中止したのは八ッ場ダムもありますが、こちらは周辺の県知事が建設中止に反対して完成し、昨年の豪雨では威力を発揮しています。

それに対して熊本県は、知事がダム建設へのかたくなな反対論者だったことが災いしましたね。本人は「ダムによらない治水」と言っていますが、建設中止から十年以上たつのに具体的に何も出来ていないのは、もともとダム建設をやめることだけを優先したということでしょう。

ダムを造らない治水は、ダム建設よりはるかに費用がかかってしまうので、実際にはなかなか現実的では無いようです。出来もしない理想論で県民を欺いたように、僕には見えてしまいますね。

高橋洋一氏は当時の民主党議員に意見を求められるたび、ダム建設中止は愚策だと説明してきたそうですが、聞き入れられなかったと。
posted by 曲屋 at 14:15| Comment(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月03日

疫病2020

疫病2020

http://www.sankei-books.co.jp/m2_books/2020/9784819113878.html

著者の門田隆将氏によれば、新型コロナウイルスの発生源が武漢の生鮮市場であるという証拠は、いくら調べても見つからなかったそうです。そもそも、この市場ではコウモリは売られていないと。

そしてコウモリのウイルスばかりを研究していた、「コウモリ女」の異名を持つ石正麗研究員が2015年、科学雑誌にコウモリのSARSウイルスを、人間に感染できるようにする遺伝子操作の研究に関する論文を載せていたと。

さらに中国は武漢で新型肺炎が発生したことを発表する前に、武漢のウイルス研究所で研究に使ったウイルス処分して、証拠隠蔽までしていたそうです。

また習近平体制は、コロナウイルス予防を口実に国民の監視システムを完成。全ての国民が、いつどこで何をやったかまで完璧に把握できるようになっていて、今や想像を絶するモンスター国家ですね。

この本は中国だけでなく、日本の厚労省のお粗末さも指摘しているので、読んでおかなければと思います。
posted by 曲屋 at 13:37| Comment(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月28日

大井研二君の四十九日

先月急死した大井研二君の四十九日が一昨日だったので、昨日また那須の大井家に行ってきました。

県をまたぐ移動が解禁になったので高速が混むかと思いましたけど、思ったほどでは無かったですね。ただ那須の別荘地に入ってからは、渋滞はしないものの県道は車の行列。別荘族が繰り出しているのでしょうね。

奥さん、「まだ研二は家の中にいる」と感じるだけでなく、アクションもしているみたいです。ペットボトルのキャップをカタカタ鳴らす動画とか、見せてくれました。また、電話をかけていないのに数人の友人のスマホに着歴が残っていたりと、何か感じてほしいことがあるのかも知れません。

しかし那須は良い所ですね。勧められて帰りは芦野温泉に寄ったのですが、夕暮れの山里に、見渡す限り人も車も無い景色は、タイムスリップしたような感じでした。温泉もなかなか風情があって、薬草湯でノンビリと疲れをとって帰路につきました。

P_20200627_165428.jpg

川越から170`。それほどの長距離でもなし、次は観光もかねて行ってみたいです。
posted by 曲屋 at 22:45| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする