2018年02月04日

後輩のニット作品展

大学のクラブの後輩で、僕が関わっていた劇団の研究生にもなり、今は飯綱高原でレストランをやっている徳武(小堀)安紀子さん、今回は深大寺近くのギャラリーでニット作品の展示即売会を開催。久しぶりに会いに行ってきました。

P_20180204_163029.jpg

昨年に続いての開催ですが、昨年はさらにオリジナルの人形劇上演もありました。

今回はニット作品だけですが、やりたいことが色々ある人なので、また次の企画も考えている様子。信州の山の中では収まりきらない行動力なので、舞台公演のジャンルなら僕も協力できることがありそうです。

しかし、学生時代からの友達仲間を見ていると、結局好きなことの原点に返っていく人が多いみたいに思えます。それは素敵なことなのでしょうね、ずっと好きなことを持っていられた人生ですから。
posted by 曲屋 at 23:24| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする