2018年02月07日

試練と向き合うこと

http://www.sankei.com/life/news/180207/lif1802070010-n1.html

ダウン症の書家・金澤翔子さん、子供の時、最初は普通の小学校に通い、勉強はできないものの馴染んでいたのを、4年生の時に特別支援学校へ転校させられショックで不登校になってしまったため、何かをさせなければと書家のお母さんが書を教え始めたと。

あのまま普通の小学校にいられたら書は教えなかったというのですから、人の運命は不思議なものです。その時は悲しい出来事、人生の試練が、想像もしないような新たな世界への扉になることもある。逃げずに向き合うことが大事なのですね。
posted by 曲屋 at 11:32| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする