2018年02月19日

選手を支える民間の力

スケート500mで見事金メダルを獲得した小平選手、所属先が病院なのが意外でしたが、大学を出てなかなか所属先が見つからない小平選手の支援を引き受け、病院の仕事はさせずスケートに専念できる環境を提供してきたのですね。大企業でない信州の病院がここまでやってきたのは創立者の「利益が出たら地元に還元する」という理念からだそうですが、これも良い話だと思います。

先日の新聞にはニッカウイスキーの創業者、「マッサン」こと竹鶴政孝氏が地元余市の中学校にジャンプ台を寄贈した逸話が出ていました。

http://www.sankei.com/column/news/180218/clm1802180005-n3.html

このジャンプ台から育ったのが札幌五輪金メダリストの笠谷選手で、その快挙を喜んだ竹鶴氏が今度は小学校にジャンプ台を寄贈。それで育ったのが長野五輪の船木選手や斎藤選手だというのですから、選手を支える民間の力、活躍する選手に憧れて育つ次世代というつながり、良いな〜と思います。
posted by 曲屋 at 13:26| Comment(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする