2018年09月11日

無事に新潟から帰ってきました。

昨夜、無事に新潟から帰ってきました。

今回の演目、谷崎純一郎の「母を恋ふる記」は5年前に新潟市のホールで上演した作品ですが、今回の公演先、砂丘館の館長さんが見ていて「あの作品をぜひ」とのご要望だったそうです。

もともとこの作品を取り上げようと提案したのは僕で、それだけ気に入っているのですが、音楽も凝っているので難しいのです。今回はお話をいただいたのも一月前で時間が無かったし、もっとやりやすい作品でも良かったのですけど、今回を逃すと、おそらくもう再演の機会が無いだろうと思い、引き受けることにしたのです。

いや〜、しかし身体的には大変でした。

臨床心理カウンセラーをやっている、元は音大のピアノ科出身の友人に近年の状況を話したとき、「それって仕事というより修行だね」と言われたことがあります。まあ彼女は音楽の大変さを良くわかっているので。でもまた修行を重ねてしまいましたね。

P_20180910_131412.jpg

P_20180910_124305.jpg

P_20180910_125744.jpg

写真は昨日の帰路、新潟1のパワースポット弥彦神社に参拝してきたので。疲れ果てた体に気を注入できたかな? でも一晩寝ただけでは疲れは取れませんね〜。先ほどやっと、重たいシンセ等の機材を仕事部屋に戻しましたよ。

今日もまだやることがあるし、なんと、もう来週はレギュラーのオープンマイクですから・・・また、た〜いへんだ(^^;)
posted by 曲屋 at 12:58| Comment(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする