2018年09月21日

「七」は「しち」? それとも「ひち」?

「七」の読みは「しち」が本来ですけど、これを「ひち」と発音する人けっこう多いですよね。アナウンサーでも「七時」を「ひちじ」と発音していたりしますから。

これ、大元は大阪という説を昨日知りました。僕の両親は京都出身ですがやっぱり「ひち」で、子供のときはそれが普通だと思っていましたよ。

江戸っ子は逆に「ひ」が「し」になってしまうので「しち」が普通なのでしょうね。でも子供のころ算数の九九で、7×7を「しちしちしじゅうく」よりは「ひちひちしじゅうく」と言っている子がほとんどだったような気がするな〜。

皆さんはどちらですか?
posted by 曲屋 at 22:31| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする