2018年10月31日

個人請求権は消滅しているはず

韓国最高裁が徴用工に対する日本企業の賠償責任を認める判決を下して大騒ぎになっていますが、1965年の日韓請求権協定には韓国国民の個人請求権も含めた条約であり、この発行により個人請求権は消滅することまできっちりと書いてあるそうです。

なのでこんな判決を出した最高裁の裁判官は、条約文をきちんと読んでいないのでは? 

ただ上念司さんによれば、国民の意に沿わない判決を出すと群衆が裁判官の家にまで押しかけてきて、家族までボコボコにされるそうで、裁判官はそれを恐れているのだとか。つまり、およそ民主主義でやっていける国民性では無いのでしょうね。

しかし、だからといって国交断絶とか言ってしまうと日本も世界から同じレベルに見られてしまうので、経済学者の高橋洋一氏はこんな手順を紹介していました。

まず1965年の日韓請求権協定を守る意思があるかどうか問いただす。するとこれまでの歴代政権は守ると応えているので、そう言わざるを得ない。それなら請求権に関する全ての資金は韓国に渡してあるので、国内問題として処理しろと言う。必要とあればそのための法律を作らせて国内法で処理させるようにする。そうすれば反日活動家もネタにしづらくなるだろうと。

とにかく感情に感情で対抗してはダメ。国際慣習にしたがって粛々と進めていくのがベストということですね。

ちなみに朝鮮からの徴用工は薄給でこき使われていたわけではなく、特に炭鉱労働者はかなり良い給料をもらっていたのです。さらに、徴用されなくても朝鮮半島には良い仕事が無いので、徴用工の何倍もの人数が仕事を求めて日本に渡って来ていた記録がありますから。今頃になって日本企業を訴えている元徴用工、単なるゆすりたかりではないですかね。
posted by 曲屋 at 23:16| Comment(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月29日

養護施設の子供のバンド

昨日は教えに行ってる児童養護施設のお祭りで、教え子のバンドが初めて人前で演奏しました。

#.jpg

まあ、まだまだ初心者。練習も全然足りていないので青息吐息ですが、それでも何とか最後まで行きました。とにかく途中でくじけなかったのと、人前に出て固くなるかと思いきや、場を盛り上げようと意外なサービス精神を発揮したのがちょっと驚き。

この楽しさが刺激になって、次はもっと上手くやりたいという気になればしめたもの。きちんと努力して、大事なものを掴んでほしいと思います。
posted by 曲屋 at 12:21| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月25日

川越祭りの夜

川越祭りの夜。

20.JPG

隣町の山車もメインストリートを巡航していました。この山車は新参なので、初めのころはここには入れなかったようですが、今年は堂々の巡航でしたね。ここまで4キロほどありますから、曳き手も大変なはず。

25.JPG

お化け屋敷は変わらずに大人気。今年は生首もディスプレイされ・・・。

27.JPG
posted by 曲屋 at 18:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする