2018年12月23日

川越が舞台のヒーローもの

昨日は僕が音楽を担当している「妖ばなし」を制作しているL4の新番組のお披露目が川越で行われたので見に行って来ました。なんと、川越が舞台のヒーローものです。

48391900_556980838106532_8600106448946462720_n.jpg

人類に虐げられてきた天邪鬼族の一人が、住まいの川越で人間に闘いを挑み、それを阻むのが正義のヒーローというストーリー。川越のあちこちで撮影が始まるそうですよ。すでに小江戸観光協会の後援も取り付けているので、うまくまわると面白いことになるかもしれませんね。放映は来年4月からです。

P_20181222_130616.jpg

ちなみに登場キャラの一つに赤い兎があるのです。友達の女優さんが今月、「赤ウサギ」というお店を開店したばかりなので、何か奇妙な偶然を感じてしまいました。余談ですが。
posted by 曲屋 at 23:06| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

児童養護施設のクリスマス・パーティ

今日は児童養護施設のクリスマス・パーティ。僕の生徒バンドも出演するので午前中からリハーサルでした。

P_20181223_133158.jpg

間際で必死になっても音楽は一夜漬けで出来るほど甘くはありません。まあヨレヨレになっても途中で放り出さずに、最後までやったことで良しとしましょう。

P_20181223_133257.jpg

9年も教えていると、初めのころの子供と最近の子、やはり気質が変わってきていることを感じます。最初の頃は本当に一生懸命になる子が何人かいたのですが、最近の子は軽いですね。ハングリーさが無く、楽器演奏も色々ある遊びの一つという感じです。

児童養護施設というとつましい生活をしているように思われがちですが、今はそんなことは無く、逆に色々与えられることに慣れてしまっている面もありますから執着心も薄くなりがち。その辺のコントロールも考えなければなりません。

今回は、いいかげんな練習では上手く出来ないことを経験させることで反省とやる気を喚起する。とりあえずは成功した手ごたえはありました。「本番でこんなにできなくなるとは思わなかった」と言っていたのが一番の収穫です。それぞれは良い資質を持っているので、それを本当に自信を持てるところまで伸ばしたいと思いますから。

P_20181223_154613.jpg

パーティには「ハーレーサンタの会」のメンバーも駆けつけてくれました。今日は250人のメンバーが、それぞれ東京中の養護施設を回ってプレゼントを配っているのだそうです。こういう活動は嬉しいですね。
posted by 曲屋 at 22:59| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月20日

今年最後のオープンマイク

昨日は毎月恒例のアトリエそら豆「オープンマイク」でした。今回は参加人数が多く、それだけ定着して盛り上がってきたということなのでしょうね。

1545274386592.jpg

1545274508654.jpg

着物姿の巨漢はお相撲さんではなく落語家さん。林家木久扇門下の林家扇兵衛さんです。何しろこの体格ですからね、声量も抜群でご本人曰く「落語の仕事より老人ホームとかでの歌の営業が多い」そうです。

この日も古い昭和歌謡「青い山脈」を朗々と歌ってくれました。そのあとサービスで小咄も。

1545274664086.jpg

他にも竹内まりやの姪っ子さんが竹内まりやの「すてきなホリデイ」を。さすがの血筋で上手かったです。でも彼女は歌手でなく政治家を目指して修行中とのこと。特別支援学校で教えたりもしているそうで、その辺では僕とちょっと接点がありますね。すてきなホリデイの歌詞にあるように「クリスマスは誰にもやってくる」。すべての子供たちが素敵なクリスマスを迎えられるよう願います。

さて、今年最後のオープンマイク、盛況のうちに終了してめでたしめでたしだったのですがその帰り道、乗った小田急線が町田での人身事故で止まってしまいまして・・・新宿からの西武線に間に合わないかとヒヤヒヤものでした(^^;)

何とかギリギリ最終には間に合ったのですが、帰宅できたのは午前1時半くらいになってしまいました。年末は毎年、飛び込み自殺が多くなるんですよね〜・・・。帰り時間、余裕を見ておかないといけません。
posted by 曲屋 at 13:07| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする