2019年03月09日

おかあさんは ふわふわ

母への愛情と与えてくれる安心感を綴った「おかあさんは ふわふわ」というこの詩を書いた子供は、その翌年に母親に殺されたそうです。

https://www.sankei.com/column/news/190305/clm1903050006-n1.html?fbclid=IwAR2jJTuCzkuBQTyMScuMCh3YXE_xCve-v1fOtd46PZ9J3iRIfGHF-Vm5qdQ

最近は次から次へと児童虐待の事件が起こりますね。児童相談所も大変なのでしょうけど、児相は「親子関係の修復」という役割も負っているので、現状では即警察介入というわけに行かないそうです。

米国などでは児童虐待の疑いがあるだけで、気付いた人は警察に届けないと罪になるそうです。まあそれだけ荒れている家庭が多いのかもしれませんが、日本も法律を見直す時期に来ているのかもしれません。
posted by 曲屋 at 02:34| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする