2019年03月12日

天皇を持てた幸せ

昨日で東日本大震災から8年。テレビではその特集番組が色々と放送されていましたが、あらためて天皇ご夫妻の力、被災者にとってはとても大きかったのだと思いました。天皇と言う存在を持てたことは日本人にとって幸いだったのですね。

その元をたどれば、人々が神様とつながる、その代表と定められたのが天皇で、天皇と臣民は一つの存在。行政を任された将軍などは別の位置にある。

なので海外では古来、戦争すると勝った国が負けた国の国民を奴隷にするのが当たり前だったのに、日本ではそんなことは行われなかった。何故かと言うと、領民は御領主の私物ではなく天皇と一体のものだから。領地は奪えても領民は奪えなかった。

こういう概念を作り上げたご先祖様、実に賢かったと思いますね〜。
posted by 曲屋 at 14:26| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする