2019年09月14日

夢のようなひと時

児童養護施設でのレッスンは生徒の話を聞くのも大切で、面白いこともあるのですが、昨日聞いた話はなかなか凄かったです。

その女の子、友達の自宅に誘われて行ってみると、びっくりするような大豪邸。鉄筋4階建てで地下室もある。その地下室は防音してあって、中にはドラムセットが2台とギター、ベース、キーボードがずらり。

上のフロアにはスタウィンウェイのグランドピアノがあって、その子もピアノは弾くのですけど、音とタッチの良さに驚いたそうです。

この豪邸の主、友達のお父さんは海外展開する化粧品メーカーのオーナー社長だそうで、お母さんはモデルと、典型的なセレブなのですね〜。

で、そのお父さんがこの子を、銀座に買い物に連れて行ってくれたのです。「何でも好きなもの、買っていいよ」と、クレジットカードを渡してくれたと。

驚きながらも年頃の娘ですから、服や化粧品、それにお菓子をあれこれ買ったら、支払額が数万円。でもそのお父さんは「なんだ、もっと買っても良かったのに」と言っていたそうです。

その子にとっては夢のようなひと時だったでしょうね。こういう経験が良いか悪いか、色んな意見はあると思いますが。

ただ、親に可愛がってもらった経験の無い子ですから、一度くらいこういうことがあっても良いかなと。頻繁にあると、依頼心が強くなってマイナスかもしれませんけど。
posted by 曲屋 at 21:39| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月09日

教え子の作詞に

児童養護施設で僕が教えている中学3年の女の子、「シンガーソングライターになりたい!」と言っていて、作曲はまだ駄目だけど、作詞したのを持ってきました。

見ると今どきの子にありがちで、説明的な言葉が多くて、言葉を削って磨いていくという感覚はまだ分かっていない。いくつか指摘はしましたけど、まだ子供だし、口で言って聞かせるより、こういう歌詞だとどうなるか、やってみせて理解させた方が早いだろうと、その歌詞に曲を付けました。

そうしたら意外と良いメロが出来ちゃって、その子に聴かせたら「CDにしたい!」と言う。

なので時間をみつけてオケを作りました。まだワンコーラス目だけですけど、それだけで2分近くある。でもそれを聴かせたらご満悦でしたよ。これに間奏とエンディングを作れば完成するので、そうしたらその子の歌も録音して、本当にCDにして上げるつもりです。

まあ、二番の歌詞のすわりが悪いとか、言葉が多すぎると冗長になるとか、感じるところはたくさんあると思いますけど、良い勉強になるでしょう。

中3で受験も控えていて、この先は来年の春までそちらに集中させなければならないので、区切りにもなるかなと。この子、第一志望が都立日比谷高校だそうで、意外と勉強もできるんですね。じゃあそちらも頑張ってもらわないと。
posted by 曲屋 at 11:35| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月08日

台風接近で

まだ雨は降っていませんが、台風接近で近くの川が溢れる可能性があるとのことで、川の流域の住宅に警戒レベル3「避難準備・高齢者等避難開始」が出たようです。

避難先は我が家の隣の小学校体育館。なるほど、扉が開いて明かりがついています。

ここは高台になるので我が家は大丈夫ですが、近隣に警戒警報が出ると落ち着きませんね。
posted by 曲屋 at 17:59| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする