2019年10月21日

海水の温度が上がると台風の勢力は弱まるという事実

海水の温度が上がると台風が勢力を増すと言われ、このたびの19号でもそう解説されていましたが、武田邦彦教授によると、実際には勢力が弱まっているそうです。

勢力が増すという説は20年ほど前に東大の教授がとなえ、一般にそう信じられてきたのですが、統計をとってみると逆に弱まっていることが分かったと。

なぜそうなるのか、まだ原因は分からないそうで、弱まると言っても20ヘクトパスカル程度らしいですが。

しかし地球の気象、まだまだ人類には究明できないことがたくさんあるのですね。人類の排出する二酸化炭素による地球温暖化という説も、一部の国ではほとんど信仰のようになってしまっていますけど、それを証明できた学者はいませんからね。
posted by 曲屋 at 10:11| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする