2019年12月29日

「北海道表現の自由、不自由展」のひどい内容

札幌で行われた「北海道表現の自由、不自由展」、愛知トリエンナーレよりひどいヘイト表現のオンパレードだったようです。

https://togetter.com/li/1447493

愛知では昭和天皇でしたが今回は愛子内親王殿下の、それも僕と同じ12月1日のお誕生日に公開されたお写真を燃やしていたそうで。

他にも保守系言論人や政治家も。写真を燃やされたケント・ギルバートさんは人権侵害だと、法務局に対応を問い合わせていました。

また元北海道議員の小野寺まさるさんが、この会の問い合わせ先に電話した映像では、電話に出た担当者はしどろもどろでしたね。あとから発表されたお詫びの文書も、まったく要領を得ないお粗末な内容でした。

正直、こんな程度のもので芸術を名乗って欲しくはありませんね。
posted by 曲屋 at 15:23| Comment(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

僕をモデルにしたギタリストも登場する小説

著者の先田さんから、前作の「安寧の予感」に続き、新作を送っていただきました。

P_20191226_100852.jpg

僕をモデルにしたギタリストが登場しているそうですよ。

まだ忙しくてなかなか読む時間がありませんが、年末年始の慌ただしさが去ってから、ゆっくりと読ませていただきます
posted by 曲屋 at 14:46| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月28日

The Windmill Of Your Mind(風のささやき)

この曲、今すごく気に入っています。ミシェル・ルグラン作曲、映画「華麗なる賭け」の挿入歌で邦題「風のささやき」。

https://www.youtube.com/watch?v=-vfAi9HS4BQ

オリジナルのノエル・ハリソンのも良いです。早口に歌うのはグライダーで飛ぶシーンに使われたからなのでしょうね。

途中までアカペラのバーブラ・ストライザンドのも良いですし、スティングのも洒落ています。

歌詞もいいんですよ。

円い 渦巻きの円のように 
車輪の輪のように 
決して始まりもしないし終わりもしない
回り続ける糸車
山から転がり落ちる雪玉のように
あるいはカーニバルの風船のように
回る回転木馬のように
月かかるかさ・・・

ギターでもやってみようと思っています。歌詞が省かれるのは惜しいけど。
posted by 曲屋 at 18:04| Comment(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする