2020年09月24日

憲法九条が禁じているのは侵略戦争のみ

日本の憲法学者のほとんどが宮澤俊義に始まる「東大憲法学」の流れの中にいるのですが、これは進駐軍によって作られた国際法違反の日本国憲法を正当化するために、ポツダム宣言受諾により日本において革命が起こり、主権の所在が天皇から国民に移行したという「8月革命説」というトンデモ説を唱えていて、近代英米法を基本に作られた日本国憲法を百年前のドイツ国法学で解釈しようとしているので、おかしくなってしまっているのですね。

それに対して、これは本来の近代英米法の概念で日本国憲法を解釈した「ほんとうの憲法」の著者、篠田英朗氏のコラム。

https://news.yahoo.co.jp/articles/801306ad46ed24351d479299604e5981be4a1f16?page=1

『現行憲法が「軍隊」を否定している、というのは、イデオロギー的な憲法学通説の解釈論でしかない。マッカーサーもGHQの役人も、憲法起草者たちは、一度もそのようなことを言わなかった。ただ、左翼勢力の牙城であった日本の憲法学者たちが、イデオロギー的事情で、後付けで、そのような「憲法学通説」を作り上げた。』

憲法九条が禁じているのは侵略戦争で、自衛や国際貢献のための戦力を持つことは禁じられていないのですね。また侵略戦争を憲法で禁じている国は多く、憲法九条の専売特許でもありません。そろそろおかしな憲法解釈から卒業しなければ。
posted by 曲屋 at 21:11| Comment(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月22日

児童虐待の連鎖

今年の6月、長女を自宅に置き去りにして死亡させた母親もまた、親に虐待を受けて育った被害者でした。

https://www.sankei.com/affairs/news/200922/afr2009220001-n1.html

児童虐待は、子供を虐待する親もまた子供時代に虐待を受けていたことが多く、親の罪だけを糾弾して終わりに出来ないのが難しいところですね。

虐待を受けた児童を保護している児童養護施設では、保護した子供が大人になったとき親と同じことをしてしまわないように育てることに気を配っています。

しかし、親に愛情をかけられずに育った子供は心がもろく、普通の社会人として生きていくにもつまずくことが多いようです。僕が教えた子供たちも社会に出た後、なかなかすんなりとは行っていないようです。

産経新聞、良くこの問題を取り上げてくれました。
posted by 曲屋 at 10:26| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月20日

スマホの機種変更

スマホを新しくしました。これまで使っていたのが、ちょこちょこフリーズするようになったので。

ただ、使っているのがSIMフリースマホなのですが、そのSIMカードのサイズが現行機種ではもう使えないサイズ。サイズ変更もできるのですけど、その手続きには電話の使えない日が出てしまうらしいです。それも困る。

電話会社を変えると、電話番号が変わらないようにするナンバーポータビリティの手続きが必要で、それもまた面倒だし手数料も高い。。

ということで、今のSIMカードが使える最後の機種をネットで探してみるとありました。買ったけど使わずにいたという品がメルカリで。

今日届いたので早速セッティング。久しぶりなので少々手こずりましたけど、どうにか無事完了。データやSNSへのアクセスも上手くいきました。

とりあえずは問題なく使えています。まあこれでまた2〜3年。

菅政権は携帯の値下げを主張しているので、いずれはもっと格安の選択肢が出てくるかな? その時にはまた考えましょう。
posted by 曲屋 at 16:43| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする