2021年02月16日

タンゴ・アン・スカイ

チュニジア生まれのフランス人ギタリスト、ローラン・ディアンス作曲の「タンゴ・アン・スカイ」。日本語に訳すと「まがいもののタンゴ」という意味。

https://www.youtube.com/watch?v=Am0pGhRyb-4

確かにタンゴの美味しい所をうまく取り入れていて、聴き映えのする曲です。

技巧的には非常に難しいですけど、10日ほど前からボツボツ取り組んでいて、どうやら練習すれば出来るという手ごたえをつかみました。

早いパッセージは何とかなると思ったけど、この自由自在のノリの感覚が難しくて、楽譜を見ただけではピンと来ない。高音部は3連で低音部は2連とか。

でもやっているうちに、何となく分かってきました。まあ、ちゃんとできるには時間がかかると思うけど。

ディアンスの作品はジャズやラテンの感覚が色濃くて面白いのです。ジョビンの「Felicidade」をアップテンポにアレンジした作品は年中練習していますし、ジャズの「Round About Midnight」をギターソロにアレンジしたのもあるんですよ。それもいずれやってみようと思っています。
posted by 曲屋 at 10:16| Comment(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

水と食料の備蓄を

地震が東北から今度は和歌山県で起きました。日本海側は暴風雪の警戒も出ていますね。

災害に備えて、水と食料、日用品の備蓄は必要なのでしょう。停電やネット環境がダウンするとカードが使えないので、ある程度の現金も。

米国ではトランプ陣営が、最低でも十日分の水と食料、薬や日用品の備蓄をするように呼び掛けていて、これはバイデン政権が誕生した?状態の今でも続いていますから、まだ大きな政変等で流通や金融が停止する可能性があるということでしょう。

在米日本人ユーチューバーさんたち、日本人に対しても備蓄を呼びかけています。これは米国だけでなく、世界規模でことが起こる恐れがあると見ているようです。

そうでなくても中国は洪水とバッタの被害で食料不足が始まっているので、日本の農産物爆買いするかもしれません。政府が発表した今年のお米の収穫量、関西圏は減少予測ですから色々不安材料はありますね。
posted by 曲屋 at 10:13| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする