2013年10月23日

写真とのコラボ

写真家で書家でもある四宮佑次さんの、写真作品に合わせる音楽を作っています。

「風に吹かれて」というシリーズで、気の向くまま足の向くままに様々な情景を切り取っているのです。僕もとても気に入っているので、お話を持ちかけられたときは喜んでお引き受けしました。

でも、やってみるとこれが意外と難しい。一枚一枚の写真はどれも面白く、重厚なもの、軽妙なもの、大自然から街角の廃棄物まで、被写体は多岐に渡っています。それをスライドショーで見ながら音を考えるのですが、一枚の写真に絞って世界を作るのならお手の物なところが、次々と世界が移り変わっていくので、一つの世界に入れ込むとすぐ肩透かしを食わされてしまう。さあて、どの切り口から入っていくか・・・。

作り始めては破棄を何度か繰り返して、これは撮影した四宮さんの気分をつかまえるのが正解だと思い当たり、ようやくその方向に決めて作り始めました。

しかしまだまだ難しさはあって、音楽の流れから行くと当然こう展開する・・・と、その流れで行こうとすると写真のほうはサッと身をひるがえして別の所に行ってしまう。なので音楽はまた別の道を探すと言う感じ。

こういうのは初めてなので、久しぶりに知恵を絞りましたが・・・どうやらポイントは見えてきたかな、何となく。

とりあえず1曲作って、それが叩き台になればスタイルが決められそうです。
posted by 曲屋 at 23:25| Comment(2) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
初めまして

日記としてある物に、他人が書き込みをしてよいのか悩みましたが、一言だけ。

私も四宮佑次さんは、大好きな写真家の一人です。
音楽とのコラボレーションは、大変興味深く、出来上がりを楽しみにしております。

ご無理をなさらず、お身体をご自愛下さいませ。

失礼致しました。


Posted by u-a at 2013年10月25日 00:21
u-a様

コメントを有難うございます。

四宮さんとは長いお付き合いなのですが、こういう試みは初めてですので、まだ探りながら一歩一歩という感じです。

まとまって一つの作品となったときには、ぜひご覧いただきたいと思っております。

それでは、始めの一曲をこれから仕上げに取り掛かります。
Posted by 羽野誠司 at 2013年10月25日 10:26
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]