2018年05月23日

お施餓鬼

先週ですが、お寺のお施餓鬼に行って来ました。ここ何年か、仕事とかち合って行くことが出来なかったので久しぶりです。何しろ、かつては自転車で十数分だったのが、今では車で2時間かかりますから。

でもこういう儀式は、毎日の生活に流されている精神にアクセントを付けてくれますね。真夏のように暑い日でしたけど、気分には清涼感がありました。

P_20180523_130136.jpg

写真は法要の途中でお坊さんたちが撒く、花びらをかたどった紙片で正式には華葩(けは)というのだそうです。これを撒くのが散華(さんげ)。

撒くといっても豆まきのように撒くのでなく、はらはらと周りに散らすだけですから、お坊さんのそばにいないと頂けませんけど、この日はたくさん拾った人が順番に回してくれましたので。

これを財布に入れておくとお金が溜まるという迷信もあるそうですよ、あくまで迷信ですけど。
posted by 曲屋 at 23:03| Comment(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]