2018年12月25日

エレキギターの修理

養護施設の生徒に貸していたギターが壊れてしまって・・・というか、いじくり回す子がいてスイッチを壊してしまったのですが。

3つあるピックアップを切り替えるセレクターの内部パーツが割れてしまっていました。これだと音が出ません。交換パーツをネットで買って、自分で交換しました。

ただ、同じ型式のものが手に入らず、元々のは接続端子が7つなのに買ったものは12個もある。実はこのパーツ、色々な製品があるのですけど、本家のフェンダーと同じものだと5千円もする。新品で買っても1万円程度の安物のギターにそんなの使えませんから、数百円のもので間に合わせましたので・・・。

P_20181224_224516.jpg

で、かつて父親が愛用していたふる〜いテスターを出してきて配線を確認し、もとの配線と照らし合わせながら知恵を絞りました。ネットで配線を調べても色々な方式があるので、もう最後はカンですが・・・。

まあでも何とか成功! 
久しぶりの半田付けも何とかクリアしてまた音が出るようになりました。もちろん、ボリュームやトーンコントローラーも使えてます。

P_20181224_224604.jpg

ついでにネックのそりも調整したので、だいぶ弾きやすくなりましたよ。しかし長年ギターを弾いていますけど、エレキギターの配線をいじったのは初めてです。
posted by 曲屋 at 12:08| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]