2019年08月30日

米国産トウモロコシの購入、実は

「中国が輸入しない米のトウモロコシ 日本が買います」(NHK)

という報道が出て、米国追従で余ったトウモロコシ購入を決めたというような解釈が広がっていますけど、あれ、実はぜんぜん違う話で、日本の年間輸入量のうち三か月分を前倒しして買っただけで、年間の輸入量に変化は無いそうです。

日本のトウモロコシは二期作で、今年の一期目は豊作だったので余裕はあるのですが、二期目はトウモロコシの害虫が発生したので、被害が出たときのために三か月分だけ早目に輸入することにしたということ。

トランプ大統領は「中国が買わないトウモロコシを安倍が買ってくれた」とパフォーマンスできるので、トランプ大統領にもメリットがあるようで。

これ、経産省の知恵らしいです。経産省、最近は頑張っていますね〜。
posted by 曲屋 at 13:27| Comment(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。