2020年03月24日

宮城まり子さん死去

「ねむの木学園」の宮城まり子さん、亡くなられたのですね。

https://www.sankei.com/entertainments/news/200323/ent2003230003-n1.html?fbclid=IwAR0sgLfmvcdX5HGoSI4UPrLOb7h9uxj3eMOCfUM8nB5jPDbU53npHZw3SEU

障害児が行政から見捨てられた存在だった日本がまだ貧しかった時代、脳性麻痺の子供役を演じたことで障害児を取り巻く環境の問題に気付き、大変な苦労をして肢体不自由児の養護施設「ねむの木学園」を設立。障害児教育の充実に大きな貢献をされましたね。

ねむの木学園の子供たちのコーラスや絵、紹介するテレビ番組で見ましたが大したものでしたよ。あれはちょっとやそっとの指導では出来ません。子供たちから「母ちゃん」と呼ばれるほどの愛情があってのものなのでしょう。

ちなみに宮城さんの人生のパートナーだった作家の吉行淳之介氏と暮らした邸宅は、僕の出身高校の近くにありました。数年前にたまたまその前を通ったら、まだ「宮城」と表札が出ていたのを思い出しました。
posted by 曲屋 at 23:28| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。