2020年06月28日

大井研二君の四十九日

先月急死した大井研二君の四十九日が一昨日だったので、昨日また那須の大井家に行ってきました。

県をまたぐ移動が解禁になったので高速が混むかと思いましたけど、思ったほどでは無かったですね。ただ那須の別荘地に入ってからは、渋滞はしないものの県道は車の行列。別荘族が繰り出しているのでしょうね。

奥さん、「まだ研二は家の中にいる」と感じるだけでなく、アクションもしているみたいです。ペットボトルのキャップをカタカタ鳴らす動画とか、見せてくれました。また、電話をかけていないのに数人の友人のスマホに着歴が残っていたりと、何か感じてほしいことがあるのかも知れません。

しかし那須は良い所ですね。勧められて帰りは芦野温泉に寄ったのですが、夕暮れの山里に、見渡す限り人も車も無い景色は、タイムスリップしたような感じでした。温泉もなかなか風情があって、薬草湯でノンビリと疲れをとって帰路につきました。

P_20200627_165428.jpg

川越から170`。それほどの長距離でもなし、次は観光もかねて行ってみたいです。
posted by 曲屋 at 22:45| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。