2020年10月10日

何があっても何とかしています

左手の中指、爪の脇が腫れてきて、昔はひょう疽と言われていた状態ですね。今はこれも蜂窩織炎になるようですけど。

今のところ楽器を弾くのに差しさわりは無いのですけど、抗菌軟膏を塗っても改善しないので、今日、近くのクリニックに行って診てもらいました。近年、内科・小児科・皮膚科のクリニックが出来たので。

飲み薬と塗り薬を処方してもらいました。このまま治まれば演奏活動には支障なしです。

でも、今日は指に負荷をかけないでおこうと、仕事用パソコンの整備をやりました。

OSの再インストールは成功したので、音楽用と周辺ソフトのインストール。ソフト・シンセなどは容量が数十ギガもあるので、とても時間がかかります。それに外国製のソフトはやり方が分かりにくいので大変でしたが、何とかちゃんと音が出るようになりました。

とりあえず、これで何があっても大丈夫という体制に戻れて、めでたしめでたし・・・です。
posted by 曲屋 at 23:44| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。