2020年03月28日

人のいない満開の桜

『近頃は桜の下といえば人間がより集まって酒を飲んで喧嘩してますから陽気でにぎやかだと思い込んでいますが、桜の花の下から人間を取り去ると怖ろしい景色になりますので、(中略)桜の林の花の下に姿がなければ怖ろしいばかりです』
坂口安吾・桜の森の満開の下

今朝のテレビで人けの無い上野不忍池の景色を見て「桜の森の満開の下」の書き出しを思い出しました。

しかしいま怖ろしいのは桜の花の妖気でなく、人間の持ち込む武漢ウイルスですね。人のいないのは安全の証でしょうか。
posted by 曲屋 at 10:58| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月26日

コロナウイルス対策で日本の強み

コロナウイルス対策で日本の強みはCTスキャナーの数がとても多いこと。人口当たりの比率が欧米の4倍だそうです。

武漢肺炎に罹っていると、たいした症状が出ていなくてもCTで撮影すると影が映る。それで発熱等あればPCR検査をするという手順になるのですね。

なので日本はPCR検査のヒット率が高く、検査の無駄が少ないということ。検査数が少ないことを問題にする意見は、こういう実情を分かっていないのでしょう。
posted by 曲屋 at 17:59| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

御伊勢塚公園の桜

地元の方に教えられて、御伊勢塚公園の桜を見に行ってきました。

IMGP9430.JPG

小畔川沿いの公園は、池や子供向けのフィールドアスレチックの設備があり、コロナウイルス警戒中とはいえ、子供連れの家族がけっこう来ていましたよ。

IMGP9442.JPG

このエリアは川越には珍しく、東京周辺の新興住宅地の雰囲気。通り沿いにお洒落な新築の建物が並んでいて、桜並木に囲まれた通りは以前住んでいた世田谷の桜新町あたりの桜並木を思い出しました。

IMGP9458.JPG

肝心の桜は満開の少し手前でしたけど、それでも十分に華やかでしたよ。
posted by 曲屋 at 17:23| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする