2019年08月09日

むむ・・・難題

今月のオープンマイクにビリー・ジョエルの「ニューヨークの想い」を歌いたいという方がいて、あれってピアノ弾き語りの極致、「ピアノマン」ビリー・ジョエルの真骨頂みたいな曲ですから、それをギター1本で伴奏・・・って、かなりの難題ですね〜・・・。

歌唱力のある人には魅力的な曲であることは確かです。それを頼んできた方もプロの歌手ですから。

ま、しかし、適当にやってお茶を濁すのは自分の性分に合わないので、どうやってサウンドをそれらしくするか、あれこれ考えています。
posted by 曲屋 at 23:08| Comment(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月30日

今月2度目のオープンマイク

昨日は今月2度目の「アトリエそら豆オープンマイク」でした。平日だと来られないので土曜日にもやって欲しいという方たちのご要望に応えて。

line_920327435121944.jpg

なので初参加の方も何人かいらっしゃいました。一家揃って参加の6歳の女の子は可愛かったです。何でも、昨年の秋に出張先のギリシャから帰って来たそうで、ギリシャなんて行ってみたいですけど、「住んでみると大したことない。日本の方がいい」とおっしゃっていましたね。

オリジナル曲で参加の方も二人。お一人は僕が伴奏しましたけど、この日の締めは渋いギターの弾き語りでね、実に味がありました。こういうのは生の醍醐味。

次回は7月17日(水)です。音楽を通して、出会いの場としても楽しめますよ。興味のある方、どうぞお気軽に。
posted by 曲屋 at 22:01| Comment(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月24日

20年前の作品の再演

来月は新潟市での朗読公演、水上勉「越前竹人形」をやるのですが、20年前に作ったものの再演です。

キーボード・シンセに音源を3台使っての音楽で17曲もあり、我ながらすごく丁寧に作った作品ですけど、作った時と一部機材が変わっているので、同じ音が出るかどうか、データの読み替え修正等の作業に昨日一日かかってしまいました。シンセはその機種でないと出ない音があったりするので、機材が変わると面倒なのです。

まあでも、何とか再現する準備はできたので一安心。あとは練習と台本の要所を覚えるだけ。久しぶりに自分の作ったこの作品の音楽を聴いてみると、よくここまで工夫したな〜と思いました。すごく繊細な表現で。

こういう音が作れたのは原作の力なのでしょうね。良い作品に出会えたのだと思います。またこんなスタイルの音楽も作ってみたいですけど、そういう音に合う作品に出会えれば。
posted by 曲屋 at 13:03| Comment(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする