2018年11月06日

「溝口墨道・赫舍里暁文夫婦日・満與亜絵画展」へ

今日は水墨画家の溝口墨道氏と、奥様の満州族の画家 赫舍里暁文ご夫婦の絵画展「溝口墨道・赫舍里暁文夫婦日・満與亜絵画展」を見に銀座まで行ってきました。

P_20181105_125605.jpg

中国の美大に留学されたご主人と満州族の奥様ですから中国に親近感・・・ではなく、中国の問題点を目の当たりにしているので、ご夫婦とも中国には厳しい目を向けていますね。保守論客の墨道氏とはお会いできなかったのですが、奥様の赫舍里暁文さんには漢民族に虐げられてきた満州族の文化のお話を色々と聞かせていただきました。

P_20181105_125456.jpg

満州族は万物に神が宿ると考えているそうで、その点、日本の神道とも通じるものがありますね。その昔、モンゴルとの戦いの時にはカラスが助太刀した伝説があってカラスが大事にされているとか。これも神武天皇の東征を助けた八咫烏を思い出させます。

IMGP9183.JPG

失われつつある満州文化を絵画で表現したいというコンセプト、漢字とはちがう満州文字で書かれた祈りの言葉がちりばめられていたり、はるか昔から続く歴史を感じさせる作品でした。また様々な表現技法、切り絵にまで挑戦されていてその意欲、素晴らしいと思いました。帰りには作品画集までいただき、楽しいひと時となりました。
posted by 曲屋 at 00:19| Comment(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月04日

うたのつどい

タンポポ児童合唱団の代表だった大瀧秀子先生(日本童謡学会名誉理事)が、日本に童謡が生まれて100年目になるのを記念して、ご自身が作詞された歌をまとめたCDを制作され、その発表会を兼ねたコンサートが今日、大瀧先生が指導するアマチュアコーラスサークルの皆さんのご協力で「うたのつどい」として開催されました。

img017.jpg

img019.jpg

そのCDには僕の曲も2曲収録されているので声をかけていただき、ゲスト出演してきました。会場が千葉市八千代台で昼間のコンサートですからちょっと大変。頑張って早起きしましたよ。

大瀧先生と出逢えたことで自分の音楽のフィールドは、また広がったと思います。それまでは歌を作ることに、あまり興味は無かったので。

しかしオーソドックスなコーラスの響きは、やっぱり心地よいですね。自分の書いたメロディが洗練された声の響きになると、予想した以上の輝きが出るので。今日は女性合唱団「うぐいす」の皆さんに、「ありがとうの向こうには」を歌っていただきました。

J-POPみたいな曲を作ろうとは思わないけれど、歌の曲、また機会があったらやってみたいですね。もともと自分の本質は、実はメロディ屋だと思っているので。
posted by 曲屋 at 22:22| Comment(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月20日

今日から川越祭り!

今日から「川越祭り」です!
山車を持っている隣町では巡航の準備をしていました。

P_20181020_125204.jpg

我が家の近くも通るかな?
posted by 曲屋 at 15:30| Comment(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする