2019年12月06日

昭和ぽい歌を

昨日もまた歌の録音でした。今度はネット配信のミニドラマらしいですが、死語になった言葉をネタにしているので音楽も昭和ぽい、山口百恵の「赤いシリーズ」みたいなのをということで、重々しい弦楽オーケストラの前奏のあとジャカジャン!と始まる、いかにも昭和ドラマの雰囲気のを作ったら、監督さんには大うけしていました。

歌は声優・俳優の最上みゆうさん。なんと身長142pのミニサイズながら、その小ささで逆に目立って、ファンを増やしているそうです。昭和歌謡風なんて初めてでしょうけど、新鮮だったようで一生懸命歌ってくれました。見かけは子供みたいだけど、なかなかしっかりした女優さんでしたよ。

さて、どんなドラマになるのかな?
posted by 曲屋 at 11:11| Comment(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月03日

年齢を意識すると

誕生日を迎えてまた一つ年を取ったわけですが、科学者の武田邦彦先生が「虎ノ門ニュース」で提起していた「寿命」に関する話は面白かったです。

武田先生によれば人間は「もうそろそろ・・・」と考え始めると、体は死ぬ準備を始めてしまうのだそうです。

動物だと群れの中で役に立たなくなったとき。オスは闘いに負けたとき、メスは子どもを産めなくなると自然に弱って死んでしまうのだと。

人間も社会という群れの中で生活しているわけですが、年のわりに元気であっても「もう年なんだから」という社会的圧力、否応無く年齢を意識させられ、平均寿命あたりで「もうそろそろ・・・」という心境にさせられると、体は死ぬ体制に入ってしまうということらしいです。

まだきちんとした理論の上の話ではないですけど、気持ちの持ち方が肉体に及ぼす影響はかなりのものですから、確かにそういう可能性もあるのでしょうね。

健康の基準についても分かっていないことはいっぱいあって、ガンの発生率は高血圧だと下がるとか、血圧降下剤を使っていると認知症になりやすくなるなど。

福井県で高齢者検診を受けた人を5年間追跡調査したら、コレステロール値の高い人より低い人の方が、死亡率が高かったそうですよ。年を取ったら脂っこいものは控えた方が良いというのも間違っているのかも。
posted by 曲屋 at 22:48| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月02日

アトリエそら豆「バースデーライブ」

昨日はアトリエそら豆でのバースデーライブ&オープンマイクでした。ここの経営者チャコさんと僕が同じ誕生日ということで始まった企画ですが、大勢の方に集まっていただき感謝です。

日頃ソロ活動とかしていないので決まったレパートリーがあるわけでも無く、毎回、何をやろうか考えるのですけど、今回はミュージカル「サウンド・オブ・ミュージック」から4曲を選び、ギターソロでやってみました。

line_306884502991963.jpg

それも、良く耳にする曲で無いものを主に、「マリア」「自信を持って」「何か良いこと」、それにオープニングの「サウンド・オブ・ミュージック」で4曲。

「マリア」とか「自信を持って」は、いかにもミュージカルな歌で、ギター1本でやるのは難しいのですが、幸いにもギターで可能なキーだったので、やりようがありました。

これに味を占めて、サウンド・オブ・ミュージックの全曲をギターでやってみようかと思ったりしています。

他にもジャズの定番「枯葉」など、ソロで4ビートをやってみましたが、意外と楽しかったので、この線も色々試してみようかと思ったり、ソロでやるのは大変ですけど色々収穫はありました。

プレゼントも色々頂いてしまいまして、こんなに華やかな誕生日は子供の時以来ですね。有難うございました。
posted by 曲屋 at 12:30| Comment(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする